Shana Pearlman

データベース統合とは?

データベース統合は、複数のソースからの情報を集約し、組織全体でクリーンで最新のデータを共有するためのプロセスであり、ビッグデータの運用における核心となります。ここでは、統合で使用されるプロセス、パートナー、ツールについて説明します。

詳細

マスターデータマネジメント(MDM)とは メリットと課題解決

マスターデータ管理(MDM)は、一貫性のある「真の」最新データを常に使用し、これに基づいて意思決定を行うことを可能にする手法です。それがビジネスにどのように利益をもたらすのか、どのような課題に備えるべきか、どのように開始するのかについて説明します。

詳細

Hadoopとは? 7つのメリットとエコシステム

Hadoopは、Javaベースのオープンソースフレームワークであり、ビッグデータの格納と処理に使用されます。データは、クラスターとして動作する安価な汎用サーバーに格納されます。分散ファイルシステムにより、同時処理とフォールトトレランスが実現します。

詳細

データレイクとデータウェアハウス

データレイクとデータウェアハウスは、どちらもビッグデータを格納するために広く使用されていますが、同じものではありません。データレイクは、ローデータの巨大なプールですが、その目的はまだ定義されていません。データウェアハウスは、特定の目的のために処理され、フィルタリングされた構造化データのリポジトリーです。

詳細

MapReduceとは?

MapReduceは、Hadoopフレームワーク内のプログラミングモデル(パターン)であり、Hadoopファイルシステム(HDFS)に格納されたビッグデータにアクセスするために使用されます。map関数は、入力、ペア、プロセスを使用して、別の中間ペアのセットを出力として生成します。

詳細

データマートとは?

データマートは、特定ユーザーグループのニーズに対応するサブジェクト指向のデータベースです。データウェアハウスやオペレーショナルデータストア内の情報へのアクセスを(数か月以上もかけずに)数日で実現するデータマートは、ビジネスプロセスを加速します。

詳細

iPaaSとは:クラウド統合プラットフォームのメリット

iPaaS(integration Platform-as-a-Service)は、クラウドデータとアプリケーションのホスティング、開発、統合のための管理ソリューションです。最善のiPaaSソリューションは、ビジネスインテリジェンスの全体像を視覚化して操作ができる、使いやすいグラフィックツールを提供しています。

詳細

ELTとETLの違い BIへの影響と最適なアプローチ

ETLとELTでは、データがビジネスインテリジェンスに変換される場所、そして運用中のデータウェアハウスに保持されるデータの量が異なります。ここでは、これらの違いがビジネスインテリジェンスにとって何を意味するのか、それぞれの組織にとって最適なアプローチはどちらか、なぜクラウドがすべてを変えているのかについて説明します。

詳細