Gray Hardell

自社のデータの健全性を信頼していますか?

  今日では企業は、ビジネスの健全性に関するあらゆる側面を測定することが可能ですが、ビジネスの意思決定を推進するデータの健全性だけはその例外です。 データは重要な意思決定、例えば、市場への新しいルートの特定や、ビジネスの俊敏性をサポートするシステムの選定や、より弾力性に富んだサプライチェーンの決定などに不可欠です。 ハーバードビジネスレビューでは、次のように言及されています。「組織が持つデータは、イノベーションのチャンスと困難の両方を生み出します。チャンスと困難の差は、一連の生データを明確で実用的な情報へと変換できるかどうかです。」 正しい意思決定を行うことは非常に重要ですが、ほとんどの企業では、ビジネスを運営する分析システムと、それらのシステムを駆動するデータを確実に信頼できるものにするための人材やテクノロジーとの間には事実上関連がありません。   実際には、信頼できるデータを入手することは、あらゆる企業のあらゆるレベルの意思決定において極めて重要です。 正しい意思決定を下さなくてはいけないという大きなプレッシャーを社内外から受けている経営幹部は、クリーンで妥協のないデータを得ることで、組織全体の意思決定の質と精度を劇的に向上させることができます。 ダッシュボードやレポートが氾濫し、何が重要で何が信頼できるデータなのかを理解するのに苦慮しているビジネスユーザーは、データがどこから来たのか、どのように修正されたのかという記録に基づいた簡潔なデータにより、データの信頼性を明確に測定することができます。 タイムリーに、理解しやすいデータを提供するために無数のリクエストをこなし、社内のパートナーが使用しているデータへの洞察力とコントロールを必要とする テクニカルユーザー 信頼できるデータを使用することで、作業の正確性と完全性を具体的に証明することができ、複雑な分析に集中することができます。   企業が利用するデータの健全性を向上させるためには、「信頼(Trust)の5つのT」と呼ばれる基本原則に従う必要があります。 すなわち、データは徹底した(Thorough)、透明性(Transparent)、適時性(Timely)、追跡可能(Traceable)、そしてテスト済み(Tested)のものである必要があります。新しいTalend Trust Scoreは、ユーザーがこれらの基準に基づいてデータセットを動的に評価できるように設計されており、利用可能なすべてのデータと洞察力を使って意思決定を行う方法を根本的に変える可能性があります。 企業データの健全性に関する詳細については、ハーバードビジネスレビューが公開している最新の記事をご覧ください。    

Read Article