データは健全ですか?

企業がデータから得る必要があるものと実際にデータから得られるものが全く異なるということは、特に目新しい事実ではありません。。 当社の最近の調査によると、企業の役員のほとんどがデータを毎日利用していますが、そのデータを常に信頼できている人は、わずか40%に過ぎません。 また役員の78%が、データ駆動型の意思決定を行う上で課題を抱えていることも明らかとなりました。 どの企業も、かつてないほど大量のデータを収集しており、データの不足が問題であるはずはありません。 問題なのは、行動に使用するための準備が整っていないデータが多すぎるということです。

データにアクセスできない、データが信頼できない、あるいはデータを十分に理解できない状況であるとすれば、ビジネスリーダーの3分の1が、データではなく直感に頼って意思決定していると言うのも不思議ではありません。

もっと良い方法があるはずです。 私たちが「データの健全性」と呼んでいる考え方を通じて、企業はデータをより深く理解し、同じ意識と言葉を使ってデータクオリティ(データの品質向上)にとりくむことができます。 この新しいアプローチによって、誰もが企業データの健全性維持に参加できるようになり、データに安心して意思決定のガイド役を任せられるようになります。

 

Talendデータの健全性インフォグラフィック

 

ディスカッションに参加

0件のコメント

Leave a Reply