活用するか重荷を負うか — データカオスをデータエクセレンスに変える

データは諸刃の剣です。途方もない潜在能力を秘めている一方で、管理を誤ったり誤用したりすると、企業の運営やコスト、収益、評判に大打撃をもたらす可能性があります。規制の厳しい業種では、データはさらに大きな負債となる可能性があります。Waterstone Mortgageのデータアーキテクト兼エンジニアであるJulia Fryk氏が、優れたデータ管理をどのように推進して、同社をデータカオスからデータエクセレンスへと変革したのかをご確認ください。信頼できないかもしれないデータを、利用者が信頼できる高品質な資産へと変換したことによって同社の状況は一変し、データからより多くの価値を引き出すことが可能になりました。

このセッションでは、以下をご覧いただけます。

  • 経営陣による賛同の欠如、時代遅れのツールや業務方法、そして一貫性のないデータといった困難を乗り越える方法
  • データアクセスとコントロール、コンプライアンス間のバランスをとるために必要となるアクション



Talendの最新の製品イノベーションに追いつきましょう。今すぐ製品キーノートをご覧ください!

関連記事