イベント

オンライン、オフラインのイベントに参加

  • 2020年9月30日
  • オンライン
  • 日本
  • 17:00 - 18:00 JST
  • Talend Live
  • 日本語

Talend Live: データガバナンスシリーズ - データレイクとデータウェアハウスの構築

組織としてデータ活用に取り組むことを課題とされている経営企画やデータ活用責任部署の方、また、それらの部署の方たちとデータプラットフォーム構築を進めていらっしゃるIT部門責任者の方におすすめのシリーズです。

シリーズの最後に、データガバナンス構築に必須となるデータレイクとデータウェアハウスを構築方法をデータ収集、データ変換、データ共有の観点から説明します。

詳細及び登録

  • 2020年10月7日
  • オンライン
  • 日本
  • 17:00 JST
  • ウェビナー
  • 日本語

信頼できるデータでビジネスを展開

業界初となるTalend Trust Score™が、AIと人間の専門知識の最も優れた点をどのように融合して、データの健全性の全体像を描き出すのかをご紹介します。

信頼できるデータの利用を企業全体で可能にする、新機能についてご説明します。

詳細及び登録

  • 2020年10月14日
  • オンライン
  • 日本
  • 17:00 JST
  • Talend Live
  • 日本語

Talend Live: TalendでSAPのデータを価値ある資源に変える!

財務、オペレーション、従業員や顧客との関係を SAP 上で実行している場合、そのほとんどのデータをリアルタイムで収集しています。

しかし、分析、AI、リモートプロセスの自動化、顧客体験の向上などに対応できるようにすることで、洞察力と収益化のためにデータをアンロックする必要があります。

このセッションでは、TalendがSAPデータのロックを解除し、ビジネスにインパクトを与える方法をご紹介します。

詳細及び登録

  • 2020年11月11日
  • オンライン
  • アジア太平洋, 日本
  • 日本時間 午前11時
  • カンファレンス
  • 英語字幕付き

Talend Connect Asia Pacific

貴社のデータをお気に入りのテクノロジーと結びつければ、そこから知見を得て、素早く対応し、ビジネスを成長させることができます。

Talendのお客様や製品のエキスパート、業界関係者から共有されるベストプラクティスや、ビジネス上の重大な決定に自信をもって使えるデータについてのアドバイスをお聞き頂けます。

Talend Connect – 信頼はここから始まります。

詳細及び登録

  • 2020年11月18日
  • オンライン
  • 日本
  • 17:00 JST
  • Talend Live
  • 日本語

Talend Live: 高品質なデータパイプラインの提供

Talend Data QualityとTalend Studioのライブデモでは、暗号化、マスキング、シャッフリング、重複排除などのコンポーネントをご紹介します。

高品質のデータパイプラインを作成するためのDQ機能の適用方法、実行方法、運用方法を学びながら、Talend Data Qualityの使いやすさと効率性を体験してください。

詳細及び登録

  • 2020年12月2日
  • オンライン
  • 日本
  • 17:00 JST
  • Talend Live
  • 日本語

Talend Live: Talend Data Catalogで信頼できるデータを大規模に提供する

データの真実の単一ソースにたどり着き、データへのアクセス性、信頼性、組織全体のスケールを最大化する方法をご紹介します。

Talend Data Catalogのデモでは、ビジネス用語集の作成方法、バックワード/フォワードの系譜の確認、インパクト分析、およびさまざまなデータカタログ機能について学びます。

詳細及び登録

  • 2020年12月16日
  • オンライン
  • 日本
  • 17:00 JST
  • Talend Live
  • 日本語

Talend Live: コラボレーション、構築そして共有 - Talend Data Fabricをつかったパイプラインとデータセットの品質向上

Talend Data Fabricは、クラス最高のデータクオリティを取り入れながら、接続性、柔軟性、拡張性を提供する先進的なデータ統合およびデータ管理プラットフォームです。

このセッションでは、Talendのクラウドベースのアプリケーションスイートがどのように連携し、データの専門家が品質の高いパイプラインやデータセットをコラボレーション、構築、共有できるようになるのかを深く掘り下げていきます。

詳細及び登録