データを変換・加工し、統合するソフトウェア

複数のソースからのデータを1つに統合して、ビジネス上のあらゆる意思決定に役立てます

データを単にアクセス可能にするだけではなく、関連付けて、統合します

アプリケーションをはじめとするさまざまなソースから適切なデータを収集し、データの統合をすることは困難であり、それをビジネスが必要とするスピードで行うことはより困難です。Talendは、素早いデータ統合、変換・加工、マッピングを自動化された品質チェックと組み合わせた一元化されたアプローチを提供するツールです。それにより、あらゆる段階で信頼できるデータ基盤が確立できることを保証します。

データの統合へ一元化されたアプローチ

データの統合は、Talend Data Fabricプラットフォーム全体の心臓部に当たるものです。使いやすいセルフサービスツールにより、ほぼすべてのソースからデータを簡単に取り込み変換、統合することができ、統合されたプレパレーション機能によって、初日から使えるデータとなります。

クラウドデータウェアハウスへのデータの迅速な取り込みから、最も複雑なマルチクラウドプロジェクトまで、Talend Data Fabricはお客様のニーズのデータ変換、加工から統合に応えます。

データレイクの意味を理解する

AB InBevは事業運営にデータを活用していますが、そのデータは数十に及ぶ社内のレガシーなシステムと、サードパーティベンダーにわたって分散されています。Talendはデータを一元化して、統合・整理することでデータアナリストを開放し、カスタマーエクスペリエンスを向上させて革新的な新製品を開発できるようにしました。

データ統合ソリューションにもっと多くを期待しましょう

Talend独自のアプローチによってデータ統合が簡素化され、セルフサービスのツールとあらゆるステップに埋め込まれたデータクオリティによってうまれたデータ基盤が、データ専門家やビジネスユーザーのニーズに応えます。

データのユニバーサル化

ほとんどすべての種類のデータを、オンプレミスまたはクラウドのあらゆるデータソースからあらゆるデータデスティネーションに統合します

データの柔軟性

データパイプラインを一度構築すれば、Sparkや最新のクラウドテクノロジーを含めてどこでも実行でき、ベンダーやプラットフォームのロックインはありません

データの統一

データ統合、データクオリティ、データ共有を一元化されたソリューションに集約しており、展開や使用が容易です

Magic Quadrant™で6度リーダーとなった当社とチームを組みましょう

Talendは、Gartner®の『2021 Magic Quadrant™ for Data Integration Tools』において、リーダーの1社に選出されました。その理由をご確認ください。

Talendを使う準備はできていますか?