データプライバシー、CCPAとEU一般データ保護規則(GDPR)への対応

データの俊敏性を維持し、コンプライアンスを加速させます。

データインベントリー作成を自動化

データ主体についての詳細なデータは、レガシーシステムやシャドーIT、CRMシステム、デバイスセンサー、デジタルアプリ、ソーシャルネットワークなど、あらゆるソースから流入します。Talendでは、様々なデータセットから重要なデータ要素を収集してマッピングし、監査証跡とデータリネージによって追跡管理できるようにしています。

ルールおよびワークフローを運用化

「プライバシーバイデザイン」は法的な義務になりました。Talendが、データパイプライン全体におけるデータコントロールの設計および運用をお手伝いします。データマスキングによる匿名化および仮名化、データクオリティでの修正、データスチュワードシップワークフローによる説明責任の強化を可能にします。GDPR対応のためのプロセスを確立することで、あらゆる個人情報を適切に扱えるようになります。

同意の管理とデータポータビリティ

GDPRでは、あらゆる個人情報を処理する前に、情報を処理する個人に対してアクセスを共有することが義務付けられています。Talend製品を使用すれば、顧客向けアプリケーション全体でオプトインの同意を管理し、データサービスを導入して忘れられる権利、アクセス権、訂正権、データポータビリティ権を保証できます。

推奨製品

Data Catalog

大量のデータを一元管理できるデータカタログを作成し、共有を促進します。

Talend Data Fabric

Talend Data Fabric

あらゆる統合ニーズに最新の統合型プラットフォームで対応します。

アクセス権は、EU一般データ保護規則(GDPR)に基づいてすべての人に保証されている権利の1つです。Talend Data Catalogによって、データアクセス権に関する情報の検索にかかる日数が、30日からわずか5日に短縮されました。

データ保護責任者、THOMAS ELM氏

Talendの使用開始準備はできていますか?