Uniper

最新のデジタルプラットフォームを使用し、すべての人に持続可能なエネルギーを提供します

Talendを搭載した当社の新しいデータ分析プラットフォームにより、市場の現状についてより的確に把握できるようになり、エネルギー取引を最適化しながらリスクを管理し、規制を遵守することが容易になりました。

René Greiner氏

持続可能なエネルギーを提供するためのスケーラブルなデータプラットフォームを構築する

10倍のスピードと

コスト効率を両立した、リアルタイムデータの提供

80%のコスト削減

データ統合において実現

120におよぶ社内外のソースを

一元化されたクラウドベースのデータレイクに統合


世界的なエネルギー企業であるUniperは、ここ数十年で最大の混乱の中にあります。再生可能エネルギーとスマートグリッド技術によって、資本計画、集中型発電と分散型発電の関係、そして根底にあるビジネス基盤に関する前提が覆されました。

データ統合担当バイスプレジデントのRené Greiner氏は次のように述べています。「私たちは、テクノロジーと市場が絶えず変化する、ますます複雑化する世界にいます。当社はエネルギーを生産し、市場を通じてエネルギーを売買しています。現在、そして将来、どれだけの石炭やガスを生産する必要があるでしょうか?市場でのポジションをどのように拡大していけばいいのでしょうか?どうすれば利益と損失の比率を最大化できるのでしょうか?クラウドへの移行に着手する前は、これらの意思決定を迅速に行えるようにするデータを入手することは、容易ではありませんでした。

データ分析プラットフォームを構築するために、UniperはTableauとTalendを選択し、120以上ある社内外のデータソースをMicrosoft Azureクラウド上に一元化されたSnowflakeデータレイクに統合しました。「40日以内に、ロードマップのユースケースの30%を本番稼働させ、さらに25%についてプロトタイプを作成できました。そして、その過程における統合コストを80%削減できました」とGreiner氏は言います。

Talendはデータを10倍速く、そして10倍安価に提供することによって、大変革をもたらしました。Greiner氏は次のように説明します。「IT部門はボトルネックとなるのではなく、セルフサービスを可能にする役割を果たして欲しいと考えていました。Talendがこれを実現しました。セルフサービスによって、市場投入までの時間短縮という優位性を確立できました。」

取引チームの反応が素早くなればなるほど、チームは素早くポジションを取り、数百万ユーロもの違いを生み出すことができます。データレイクによってデータが継続的に利用できるようになり、取引チームは取引を自動化できます。かつては必要なデータを収集するのに何日も費やしていたUniperは、今では即座に動いてポジションを取ることができるようになりました。

また、Greiner氏は次のように付け加えます。「Talendが提供するデータガバナンスは、データレイクの成功に不可欠です。異種のソースからのデータを含むデータレイクのようなプラットフォームに依存しようとする場合、優れたデータのカタログ化やデータのタグ付け機能が必要になるだけでなく、データ所有者を割り当てる必要もあります。Talendはこれらの機能を提供しており、GDPR規制に準拠するために必要なデータリネージとセキュリティ体制を確立するのに役立ちます。」