クラウドデータウェアハウス

ビジネス上のより良い意思決定のために優れた分析が必要なら、Talendの統合プラットフォームを利用して、信頼できるデータをすべてクラウドに集約しましょう

データをどう使いたいのかをデータに伝えましょう

Talendの1,000を超えるコネクタとコンポーネントにより、バックオフィスアプリケーション、レガシーなデータベース、SaaSアプリケーション、IoTデバイスなど、ほとんどすべてのソースからデータを簡単に統合できます。あらゆるクラウドデータウェアハウス(AWS、Azure、Snowflake、Google Cloud)を、バッチ処理とリアルタイム処理の両方ともサポートしているため、あらゆるデータを任意の速さで取り込むことができます。

データとともに成長しましょう

Apache Sparkのパワーとサーバーレス処理を活用して、クラウド内でデータを大規模に処理します。データエンジニアは、データマッピングやデータマスキング、機械学習を活用する品質管理により、高度な分析のためのデータを準備できます。一方、データサイエンティストはDatabricksでデータモデルを実行したり、自動化されたモデル用のデータをステージングしたりできます。

データウェアハウス内のすべてを信頼しましょう

Talendは、クリーンで法に準拠した、信頼できる完全なデータへのタイムリーなアクセスを可能にします。Trust Scoreによる転送中のデータクオリティ評価から、データマスキング、重複排除、標準化などの機械学習を活用したデータクレンジング機能まで、あらゆるステップにデータクオリティが組み込まれています。当社のセルフサービスアプリケーションにより、データガバナンスとキュレーションが簡素化されます。

私たちのチームは、新しい現実に対応するためにできる限り最高の技術を探しました。そして、SnowflakeとTalendの組み合わせを選ぶことに決めました。現在では、移行前と比較して何倍も多くのデータとユーザーに対応できています。

Sven Junkergard氏

重要な意思決定は時間が勝負であると判断した数千社に及ぶお客様がTalendを信頼しています

あらゆるデータを一元管理

データ統合は、データから価値を引き出すための第一歩です。『2020 Gartner Magic Quadrant for Data Integration Tools』でTalendがリーダーの一社に選出された理由をご確認ください。

Talendを使う準備はできていますか?