Domino's Pizza

データをマスターし、一度に1枚のピザ

当社はピザを販売するeコマース企業となりました。Talendが、デジタルトランスフォーメーションを支援してくれました。

Dan Djuric氏

デジタルファースト市場のニーズに対応するため、データインフラストラクチャをアップグレード

17TBのデータ

合理化および標準化

85,000のデータソースを統合

構造化データと非構造化データの両方

一つの信頼できる情報源

物流から財務予測に至るまで、あらゆる分野で活用


Domino's Pizza(ドミノ・ピザ)は、世界有数のレストランブランドです。ドミノのAnyWareとは、オンラインや携帯電話アプリだけでなく、スマートウォッチ、テレビ、カーエンターテインメント、さらにはソーシャルメディアプラットフォーム経由でピザを注文できることを意味しています。ドミノはすべてのチャネルからの情報(構造化されたデータソースと非構造化データソース合わせて85,000)を統合し、お客様とグローバルな運用を一元的に把握したいと考えていました。

残念なことに、ドミノではITアーキテクチャが採用されていたため、目標を達成できませんでした。グローバルインフラストラクチャおよび企業情報管理担当副社長のDan Djuric氏は次のように説明しています。「当社には11,000人を超えるビジネスユーザー、35人のデータサイエンティストおよびマーケティングエージェンシーがおり、その全員が独自のデータベースの構築を望んでいました。」

Djuric氏によると、ドミノがTalendを選んだ主な理由は、より俊敏なアーキテクチャ、オープンソースの柔軟性、迅速な実装、費用対効果が高く理解しやすいライセンス、そして予測しやすいことで、より自由に規模を拡大できることでした。

「Talendは、今では当社のデータ流通プラットフォームです」と彼は言います。「私たちのエコシステムで起こることはすべてTalendから始まります。データをキャプチャし、整理し、標準化し、強化し、保存し、複数のチームが利用できるようにしてくれます。」

Talendを市販のMDMソフトウェアソリューションと併用することで、ドミノは何百万件もの注文処理から特定のお客様を識別します。「Talendのおかげで、データクオリティが向上し、以前の技術と比べて開発とソフトウェアライセンスにかかるコストが削減されました。」とDjuric氏は述べています。「非常に重要なことです。Talendにはすでに大量のデータがあります。非常に柔軟性が高いため、事実上の企業のデータ処理プラットフォームとなっています。」

ドミノは、最新のデータプラットフォームを導入することで、物流から財務予測までのビジネスパフォーマンスを向上させながら、複数のタッチポイントで1対1の購買体験を可能にする、信頼できる唯一の情報源を手に入れました。