Office Depot | Viking

企業規模のデータビューを融合する

Talendによってデータ関連のコストを削減し、カスタマーエクスペリエンスを向上させることができました。信頼できるデータに基づき、顧客に関する正しい判断を早期に行えるようになったためです。

Matt Steell氏

統一されたデータによって企業の優れた意思決定を促進する

35%向上

データクオリティとデータの精度を

40%向上

データ統合の高速化

コスト削減

複数のシステムを1つのテクノロジースタックに集約することで実現


Office Depot Europeは、オフィス向けソリューションを手掛けるリーディングカンパニーです。オムニチャネル体験を通じてB2Bサービスを提供するVikingと、大手多国籍企業と複数年契約を結んで事業を行うOffice Depotという2つの主要なブランドを通じて、7か国で事業を展開しています。

Office Depot Europeは顧客サービスを向上させるために、15年以上にわたってさまざまな企業を買収してきました。その結果、Office Depot Europeのデータ環境は広大なものになり、顧客データや製品データは幅広い場所やアプリケーションにまたがって保管されるようになりました。同社が必要としていたのは、すべてのデータを1か所に集約し、その出所を明らかにするとともに事業に役立てることを可能にするソリューションでした。

データのサイロ化により、同社の業務は極めて非効率となっていました。Talendを導入する前には誰もが情報にアクセスし、データを恣意的に選んで独自の分析を行い、結果を上位の意思決定者に報告することができました。

現在では、すべてのデータに対して単一の真実のソースが準備されたため、データ処理を標準化できました。ビジネスリーダーは確信を持って報告された内容を信頼し、報告に基づいて優れた意思決定を迅速に行えるようになりました。

さらに同社は、テクノロジースタックのシステム数を削減することにも成功しました。情報および統合アーキテクチャー担当ディレクターのMatt Steell氏は次のように言います。「当社では1業務につき1つのプラットフォームへと削減を進めています。お客様がオンラインで購入する際の入り口は1つ、受注管理システムも1つ、フルフィルメントシステムも1つです。これこそが、当社のプログラム全体の中で最もコスト削減に寄与した部分です。」

Office Depot全社を通じたデータ文化の構築を支援することにより、Talendは同社がユーザーに対して素早く、低いコストで適切な情報を提供できるようにサポートしています。