"Talendを使用することで私たちは広告主、出版社、当社の卸売活動に対するサービスをすべてリアルタイムで管理しています。"

NAVILLE社 情報システムアーキテクト SYLVAIN PRISER氏

再利用可能

再利用可能な統合サービスにより開発時間と費用を削減

増大

アプリケーションのスケーラビリティが増大したことにより需要に合わせたすばやい変更が可能に

インターフェイス

業務プロセスに対応するインターフェイスがSOAの成功をサポート

リアルタイムの配送と連絡

Naville社は2008年にTalend Data Integrationを展開し、データフローの相互運用や提携先からの外部フローを含むアプリケーション間の統合をしています。 最近、リアルタイム特性をその基盤上に構築するために、Talend Data Services/ESBを展開しました。 同社の目標はSOA(サービス指向アーキテクチャ)を展開することで応答性を向上させ、リアルタイムの相互運用性から利益を得ることです。

Naville社はTalendを使用して、広告主、出版社、自社の卸売活動に対するサービスをリアルタイムで管理しています。

TalendはApacheおよびEclipseといった標準環境をベースにしているので、専門知識を容易に入手できます。 この合理化によって、運用レベルとITプロジェクトとの両方で著しいコスト削減が可能になりました。