Covanta

データの信頼性を確保してビジネスの成果を上げる

現在では、当社のデータが何を意味するのかについて、業務・戦略、ビジネス、ITの各分野で共通の理解が得られています。今では施設の運営に使用するデータの品質に信頼を寄せています。

Charles Link氏

クリーンな電力の生成、稼働時間の最大化、労働者の安全を確保

年間10%の節約

メンテナンス費用のみで実現

4か月以内

データサプライチェーン管理ソリューションを構築

信頼できる情報源

ビジネスとITとの統合


Covantaは、北米と欧州のエネルギーおよび環境対策に持続可能な廃棄物を提供しています。持続可能な廃棄物管理と環境に優しいエネルギーソリューションに対するCovantaの革新的なアプローチは、優れた成果を生み出していますが、同時に深刻な複雑さと課題も抱えています。

「Covantaでは、リスクが高くなっています」と、同社の最高データ責任者であるCharles Linkは説明します。「当社の最大の取り組みの1つは、業務効率の最適化です。廃棄物発電施設の運営は複雑で費用がかかります。クリーンな電力を生成し、稼働時間を最大限に維持しながら、従業員の安全を確保する必要があります。」

Link氏にとって、このような事業は単なる「データプロジェクト」以上のもので、「常にビジネス戦略の一環」だと述べています。「それは、今日、どのようにして漸進的なビジネス価値を提供するかということです。結果はデータではなく、常にビジネスの結果なのです。その結果に投資しています。そのため、データの信頼性が重要となってくるのです。」

同社は、データサプライチェーン管理アプローチを採用して、情報が見つけやすくすぐに利用でき、品質が保証されているCovanta Data Hubを構築しました。

ハブは、Talend Data Fabricに依存する標準データアーキテクチャーを使用し、Talend Data Catalogに記載されているプロセスと統合機能を組み合わせています。Link氏は、信頼性、信頼性、シンプルさ、品質を確立したハブを評価しています。

Link氏は、メンテナンス作業だけを見ても、年間少なくとも10%を節約することは確実だとみています。「私はTalendをデータファブリックの中枢と考えています。Talendにより、様々な当事者やデータソースがほぼリアルタイムで通信できるようになりました。実際にサービス活動に入る労働力を把握することで、当初の見積もりではなく、実際に行った作業をもとに契約の再交渉を行うことができます。」

CovantaのデータハブアプローチとTalendを使用することで、ITはビジネスがはるかに自信を持って意思決定を下すために必要なデータ品質を提供しています。「現在では、当社のデータが何を意味するのかについて、業務・戦略、ビジネス、ITの各分野で共通の理解が得られています。今では施設の運営に使用するデータの品質を信頼しています。」