"これは、農業環境への影響に配慮しつつ、収穫量を増やす取り組みの一環です。"

Bayer Digital Farming社(ドイツ、ミュンスター) ビジネスアナリスト Andreas Rotterdam氏

写真10万枚

AWSプライベートクラウドのデータベースに
アップロード

70

特定された雑草の種類

250,000+

WEEDSCOUTの製品ダウンロード

適切な農薬の使用で持続可能な食糧生産を実現

作物の生育を阻む雑草は、農耕の歴史が始まって以来の課題です。適切な除草対策としては、特定の雑草にのみ効果のある除草剤を用いて効果的に除草しつつ、農地の汚染を可能な限り抑えることが必要です。それには、まず雑草の種類を正確に把握する必要があります。Bayer Digital Farming社がTalend Real-Time Big Dataを使用して開発したWEEDSCOUTは、農家が無料でダウンロードできる新しいアプリケーションです。

このアプリは、機械学習と人工知能を利用して、同社のデータベースに格納されている雑草の写真と、各農家から送られる雑草の写真を照合するものです。写真データベースは、Amazon Web Services(AWS)のプライベートクラウドに置かれ、世界中からアクセスでできます。種子の品種の選定から、農薬の使用量、収穫時期など、農家が農作業によって環境に及ぼす影響をより正確に予測できるようになります。

Talend製品

big-data

Big Data Integration

ハンドコーディングせずビッグデータのスピードとスケールを実現製品の詳細情報無料トライアル