Data Stewardshipソリューション

協調型のクラウドベースアプリにより、データの整合性を向上させます

より優れたデータを組織全体で実現します

Talend Data Stewardshipは、組織全体におけるデータプロジェクトの優先順位付けと、進捗状況の確認を容易にするチームベースのワークフローによって、コラボレーションを促進します。誰もがデータをクリーニング、検証、調整でき、そしてデータを最もよく知る人物に業務を委任することができます。

データスチュワードを始動しましょう

Talend Data Stewardshipは、データキュレーションと検証にポイントアンドクリック式のアプローチを採用しており、すべての人の生産性を向上させます。データの検証とデータエラーの解決に必要となるモデルやルールを素早く簡単に定義できるため、ビジネスユーザーがステップを飛ばしてしまうことがありません。

人が持つ専門知識を広く展開します

当社のクラウドベースプラットフォームでは、機械学習を活用してデータ専門家が持つ知識を集積し、それを組織全体で利用できるようにします。自動化と人間によるスチュワードシップの組み合わせによってエラー解決やデータ整合性を改善した後で、手作業による検証やエラー解決をデータ管理プロセスに組み込みます。

強力な監視機能により、責任意識を醸成します

Talendは、データ管理エコシステム内で起こるすべての事象を簡単に把握し、管理できるようにします。スチュワードシップキャンペーンの進捗を監視し、変更を追跡し、データエラー解決のための取り組みを監督し、内部監査および外部の規制への準拠を維持します。

Talend Data Stewardshipにより、入試担当者が手作業でデータを変更する必要がなくなりました。以前はこの作業に出願者1人あたり最大20分を要していました。Talendがデータをチェックするようになり、その時間が削減できました。

Cindy Roberts 氏

Magic Quadrant™で6度リーダーとなった当社とチームを組みましょう

Talendは、Gartner®の『2021 Magic Quadrant™ for Data Integration Tools』において、リーダーの1社に選出されました。その理由をご確認ください。

Talendを使う準備はできていますか?