Data Qualityソリューション

システム全体にわたってデータをプロファイリングし、クリーニングして標準化します

自社が所有するデータを真に信頼します

Talend Data Fabricの重要な一部であるData Qualityは、リアルタイムでデータのプロファイリング、クリーニング、マスキングを行います。データがシステムを通過する間、機械学習がデータクオリティの問題への対処を求める勧告を推進します。便利なセルフサービスのインターフェイスは、テクニカルユーザーと同じくらいビジネスユーザーにとっても直感的で、全社的なコラボレーションを促進します。

より優れたデータを自動的に入手します

データプロファイリングにより、要約統計量や視覚的な表現を通じてデータクオリティの問題を素早く特定し、隠れたパターンを検出し、異常を発見することが可能になります。内蔵されたTalend Trust Scoreが、説明可能で実行可能な信頼度の評価結果を直ちに提供します。したがって、どれが共有しても安全で、どれが追加のデータクレンジングが必要なデータセットなのかが分かります。

データ担当者を解放し、重要事項に集中できるようにします

Talendでは、入ってくるデータを機械学習に対応した重複排除、検証、および標準化によって自動的にクレンジングし、住所検証コードや企業特定情報などの外部データソースからの詳細情報と結び付けてエンリッチ化できます。その間、ビジネスアナリストやデータアナリストは自由となり、より有意義なタスクに集中できます。

資産を保護し、コンプライアンスを優先します

セキュリティ漏洩は誰にとっても許されないため、Talendではオンプレミスまたはクラウドの信頼できるユーザーに対して、データを選択的に共有できます。アクセス許可のない人に個人情報(PII)が公開される心配はありません。Data Qualityでは内蔵のマスキング機能によって機密データが保護されるため、社内外のデータプライバシーおよびデータ保護規制へのコンプライアンスが確保されます。

データクオリティに関しては、妥協するつもりは全くありませんでした。Talend Data Qualityを使用して、データの標準化とクリーニングを行うことができました。

Simon Latouche 氏

データに対する信頼を得ましょう。『2020 Gartner Magic Quadrant for Data Quality Tools』で選ばれたリーダーとチームを組みましょう。

データクオリティは、すべての意思決定を確かなものにするために最も重要です。Talendが『2020 Gartner Magic Quadrant for Data Quality Tools』でリーダーの一社に選ばれた理由をご確認ください。

Talendを使う準備はできていますか?