Talend データガバナンス
ウェビナーシリーズ

迅速かつ正確な意思決定には、リアルタイムでのデータ活用が必須です。そのためにはまず正しいデータが正しい形で共有される必要があります。

このウェビナーシリーズでは、Talend Data Fabricを基盤としたデータ統合事例を紐解き、データガバナンスフレームワークの構築手順およびそこに必要とされるツールを順を追って解説します。

組織としてデータ活用に取り組むことを課題とされている経営企画やデータ活用責任部署の方、また、それらの部署の方たちとデータプラットフォーム構築を進めていらっしゃるIT部門責任者の方におすすめのシリーズです。


データ関連法令への準拠

日時:2020年7月15日(水)17:00-18:00

データがバンスの重要な目的のひとつである法令遵守の構築と導入手順をご説明します。


ビジネスユーザーによるデータクレンジングとパイプライン構築

日時:2020年7月29日(水)17:00-18:00

リアルタイムデータ活用に欠かせないセルフサービス機能の組み込みについてわかりやすく説明します。


データカタログとデータビジュアライゼーション

日時:2020年8月19日(水)17:00-18:00

ビジネス部門が最も必要としているデータカタログについて、その必要性と利点をご説明します。
また、同様にビジネス部門での活用が広まるデータビジュアライゼーションに向けたデータプラットフォームの役割を解説します。


360データハブとデータスチュワード

日時:2020年9月2日(水)17:00-18:00

カスタマーエクスペリエンスの向上を目的とした360データハブについてご説明します。また、データフローの中に、人の経験と目による確認を、スピードを落とさずに効果的に運用フローの一部に組み込むデータスチュワードについてご説明します。


データクオリティの自動化

日時:2020年9月16日(水)17:00-18:00

データを活用するためにはデータの質をリアルタイムで高めていく必要があります。データクオリティの自動化の導入と運用方法を解説します。


データレイクとデータウェアハウスの構築

日時:2020年9月30日(水)17:00-18:00

シリーズの最後に、データガバナンス構築に必須となるデータレイクとデータウェアハウスを構築方法をデータ収集、データ変換、データ共有の観点から説明します。

予約する