- 2015年1月14日

「HortonworksはApache Hadoopのエコシステムの拡大、強化、100%オープンソースの企業向けHadoopの改革と導入促進に努めています。最新のHadoop関連機能を採用することで、Talend 5.6は幅広いお客様にApache Stormのメリットを訴求することでしょう。」と、Hortonworks社戦略マーケティング担当バイスプレジデント John Kreisa氏は述べています。

Hortonworks認定テクノロジーパートナーであるTalendは、ネイティブHadoopコードを生成し、Hadoop内で直接データ変換を実行し、使いやすいグラフィカルな開発環境を提供することでデータジョブデザインの効率を劇的に向上させます。Talendでユーザは異種システムから大規模かつ多様なデータセットを素早くロード、抽出、変換することができます。

「Talend 5.6とApache Stormのようなより迅速なデータ統合ソリューションで、ユーザはより速く分析しリアルタイムに意思決定することが可能になり、以前できなかった競争優位性を達成できます。オンライン販売や金融サービスプロバイダーなど多くのビジネスが、販売につながるまたは顧客を失うという違いに直結する高品質データを入手可能になります。」とTalend社チーフマーケティングオフィサーのAshley Stirrupは述べています。

Stormと同様に、Talend 5.6はフォールトトレラントなパブリックサブスクライブ メッセージングシステムであるApache Kafkaもサポートしています。KafkaはApache Stormと組み合わせてストリーミングデータのリアルタイム分析とレンダリングに使用出来ます。

 

Talend 5.6について
データドリブン企業を連携、推進するというTalendのコミットメントを強化し、Talend 5.6 はビッグデータの生産性とプロファイリングのための新たなベンチマークを設定し、モノのインターネット (IoT)デバイスへの接続性を拡張しました。更に、最新のHadoop拡張機能をサポートすることで、大幅にパフォーマンスを改善し、リアルタイムかつオペレーショナルなビッグデータプロジェクトを可能にします。

Talend について
Talend の統合ソリューションにより、データドリブンの組織は、あらゆるデータから価値を得ることが出来ます。
Talend は、最新のビッグデータプラットフォームをネイティブにサポートすることで、データ統合にまつわる複雑さを排除出来るため、IT 部門は、ビジネス要求により迅速に対応可能になり、発生する費用も想定することが出来ます。Talend のソリューションは、オープンソースのテクノロジーをベースとしており、拡張性が高く、常に最新であり、データ統合に関する、今後も増大するあらゆる要求を解決します。Talend は米国カリフォルニア州レッドウッド市に本社をおく非公開企業です。詳細はwww.talend.comをご覧いただくか、Twitterで@Talendをフォローして下さい。

◆報道関係者・読者お問い合わせ先
Talend 株式会社
マーケティング 重見英子
TEL:03-6427-6370    E-mail:prjp@talend.com

記載されているロゴ、会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。