セルフサービス分析(BI)無料レポート: データアクセスを最大限に活用

ホワイトペーパーをダウンロードする

For information about our collection and use of your personal information, our privacy and security practices and your data protection rights, please see our privacy policy.

今日の企業はデータに圧倒され、収集したデータのほんの一部の分析をかろうじて行っている状況にあります。そのような中、より強固なデータ駆動型文化の構築に向け、セルフサービス分析(BI)と呼ばれる新しいアプローチを採用する企業が増加しています。

このO’Reilly社レポートは、セルフサービス分析のアプローチによって企業内の人員がデータに容易にアクセスできるようになり、その結果、ビジネスユーザーがデータやツールを扱い、個々のニーズに合わせた分析を行うことが可能になっている状況を検証しています。

レポートでは、著者のサンドラ・スワンソン(Sandra Swanson)が、セルフサービス分析(BI)の考えられるメリットとともに、拡大するデータアクセスとセキュリティ問題とのバランス、データガバナンス、サイロ化されたデータストアなど、潜在的な落とし穴も詳細に調査しています。また、テクノロジー企業(YahooとTalend)、政府(シカゴ市)、そして革新的なリテーラー(Warby Parker)が、セルフサービス分析(BI)ツールなどを実際にどのように活用しているか、知見を提示します。

セルフサービス分析レポートでわかること

  • セルフサービス分析(BI)のメリット
  • データアクセスとセキュリティ問題とのバランス
  • データガバナンス、サイロ化されたデータストアなど、潜在的なセルフサービス分析の落とし穴
  • テクノロジー企業(Yahoo!やTalend)などがセルフサービス分析ツールをどのように活用しているか

セルフサービス分析の資料をダウンロードするには、フォームを入力し、送信してください。
ご登録いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。