Talend Cloudは広範なコネクティビティ、組み込み式データクオリティ、ビジネス用Talend Cloudアプリケーション、最新のCloudテクノロジーをサポートするネイティブコードジェネレーションを提供します。クレンジング済みの構造化された質の高いデータをビジネスユーザーへ提供するためのデータセットおよびプレパレーションの作成方法を学習します。さらにTalend StudioでData PreparamtionおよびData Stewardshipのジョブを作成し、Cloudへパブリッシュして、Talend Cloudeでスケジュールする方法を学習します。

期間 1 day (7 hours)
受講対象者 データオーナー、データ統合処理開発者、ビジネスユーザーへすぐに使用できるデータを提供したり、データ統合フローを管理する運用管理者
前提条件 「Introduction to Talend Studio」の受講修了および運用管理作業の基礎的な理解
コースの目的

コース終了後にできる事:
データセットとプレパレーションの作成
Talendジョブでユーザー定義されたデータプレパレーションの実行
データスチュワード用タスクの作成およびTalend Data Stewardshipを用いてマニュアルタスクの解決
Talend Management Consoleを使用して実行プランのスケジューリングおよび環境のプロモートを行う
リモートプロジェクトの定義およびTalend StudioでのベーシックなGit機能の使用

コースのアジェンダ

Talend Cloudとは
概念

データプレパレーションの作成と実行
Talend Cloud platformへ接続する
データプレパレーションとデータセットの作成
Talend Studioでプレパレーションを実行する

クラウドでのタスクの実行
Talend Cloudへジョブをパブリッシュする
クラウドでフローを起動する

Talend Data Stewardshipでのタスクの処理
マージングキャンペーンの作成
マージングタスクの作成
マージングタスクのハンドリング

クラウド運用の導入
Remote Engineの定義
フローをRemote Engineで実行する
フロー実行のスケジューリング
環境のプロモーション

Talend Management Consoleでのリモートプロジェクトの定義
Talend Management Console (TMC)におけるGitの設定
Talend StudioからGitを使用する