GDPRのコンプライアンスを実現する16ステップのデータガバナンス計画

2018年5月のGDPRの発効に伴い、データ統合アーキテクチャーにおける、データガバナンスの重要性が高まる可能性があります。オンラインフォーム、ビジネスパートナー、社内のCRM/HRシステム、もしくは自社のデータレイクのいずれから得たデータであっても、EU域内の居住者の個人データはすべてGDPRの適用対象となります。強力なデータガバナンスプログラムを導入することで、コンプライアンスを実現するためのポリシー、標準、制御を獲得できます。

今すぐダウンロード