データクオリティを高めるデータ統合戦略

低品質なデータがシステムに入るのを防ぐためのデータチームの編成方法/会社のデータのセキュリティを確保しつつ、データ保護規制を遵守する方法/信頼できるデータを操作するための適切なデータ統合ツールの選択方法について、ホワイトペーパーをダウンロード出来ます。

今すぐダウンロード

データプレパレーションとは?

データプレパレーションとは、処理/分析前に生データをクレンジングして変換するプロセスです。時間のかかるプロセスですが、ビジネスインテリジェンスのメリットを得るために必要となります。今日では、セルフサービスの高機能なデータプレパレーションツールによって、これまで以上に簡単になり、効率化されています。

詳細

データ処理とは?

データ処理は、生の形態のデータを読み取り可能な形式に変換します。これによって、コンピューターがデータを解釈し、組織全体で従業員が活用できるようになります。

詳細

データレイクとデータウェアハウス

データレイクとデータウェアハウスは、どちらもビッグデータを格納するために広く使用されていますが、同じものではありません。データレイクは、ローデータの巨大なプールですが、その目的はまだ定義されていません。データウェアハウスは、特定の目的のために処理され、フィルタリングされた構造化データのリポジトリーです。

詳細

データマートとは?

データマートは、特定ユーザーグループのニーズに対応するサブジェクト指向のデータベースです。データウェアハウスやオペレーショナルデータストア内の情報へのアクセスを(数か月以上もかけずに)数日で実現するデータマートは、ビジネスプロセスを加速します。

詳細

Talendを活用してグローバルデータプライバシーのコンプライアンスを実現するための実践的な16のステップ

データガバナンスの専門家であるSunil SoaresとJean-Michel Francoによるこのホワイトペーパーは、ヨーロッパ(GDPR)、北米(CCPA)、アジア太平洋地域におけるデータ保護と主権法の最新の概要、ならびにコンプライアンスの実践的アプローチを提供します。

今すぐダウンロード

GDPRのコンプライアンスを実現する16ステップのデータガバナンス計画

2018年5月のGDPRの発効に伴い、データ統合アーキテクチャーにおける、データガバナンスの重要性が高まる可能性があります。オンラインフォーム、ビジネスパートナー、社内のCRM/HRシステム、もしくは自社のデータレイクのいずれから得たデータであっても、EU域内の居住者の個人データはすべてGDPRの適用対象となります。強力なデータガバナンスプログラムを導入することで、コンプライアンスを実現するためのポリシー、標準、制御を獲得できます。

今すぐダウンロード