2020 Gartner Magic Quadrant for Data Integration Tools

Gartner Magic Quadrant for Data Integration Tools: Talend named Leader

データの種類やデータソース、データの利用や入手方法の急増により、的確な意思決定のために必要なデータの透明性を確保することが非常に困難になっています。最適なデータ統合ソリューションを見極める際には、さらなるデータカオスをもたらすものを選ばないようにすることが大切です。そこで、次のレポートをご紹介します。

ガートナーは、データ統合ソリューションのベンダー20社に関する評価を実施しました。その結果をまとめたレポート『2020 Magic Quadrant for Data Integration Tools』で、Talendは5年連続でリーダーの一社に選出されました。

レポート全文をダウンロードして、次の内容をご確認ください。

  • ガートナーによるデータ統合市場の評価
  • TalendがMagic Quadrantでリーダーに選出された理由
  • ガートナーの基準を用いてデータ統合ベンダーを評価する方法

レポートを入手する

Gartner、「Magic Quadrant for Data Integration Tools」、Ehtisham Zaidi、Eric Thoo、Nick Heudecker、Sharat Menon、Robert Thanaraj、2020年8月18日
Gartnerは、この調査報告に掲載されているいかなるベンダー、製品、サービスの宣伝も行っていません。また、これらのテクノロジーの利用者に対し、レーティングの高いベンダー、あるいはそれ以外の呼称を得たベンダーのみを選択するよう助言するものでもありません。Gartnerによる調査報告は、Gartnerのリサーチ機関の意見を含んでおり、事実を表明するものではありません。Gartnerは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

GARTNERは、米国の他世界各国におけるGartner, Inc.およびその関連会社の登録商標であり、ここでは承認を得た上で使用されています。All rights reserved.
本図は、長大なリサーチ文書の一部としてGartner, Inc.より発行されており、該当する文書全体の文脈を踏まえて評価されるべきものです。Gartnerの文書は、Talendからの要求に応じて利用可能です。